そろそろ夏本番。全国のビーチでは、次々に海開きが始まっています。すでに海へ遊びに行った人、遊びに行くのを心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。一方、「もっと痩せなきゃ水着になれない!」と、あわててダイエットに取り組んでいる人もいるのでは? しかし、急激なダイエットは、体調を崩す原因にもなってしまいます。そこで今回は、ダイエットに取り組むにあたって押さえておきたい原理原則をご紹介したいと思います。

そもそも、ダイエット必要ですか?

ダイエットに取り組むにあたり、まず確認しておくべきことがあります。それは「そもそもダイエットが必要なのか」ということです。特に若い女性の場合「やせ願望」が強いため、現状でも痩せているにもかかわらず、さらに無理なダイエットに取り組んでしまい、健康を害してしまう傾向にあります。

厚生労働省の平成17年(2005年)の「国民健康・栄養調査」によると、20年前(昭和60年)と比べ、肥満度(BMI)が18.5未満の「やせ(低体重)」と分類される人は、20代女性では5.8%・30代では14.2%・40代では4.2%増であることが分かりました。

女性が過剰にやせを求めてしまう背景には、TVなどのメディアでもてはやされているタレントやモデルなどが、総じて「やせ」であることが影響しているのかもしれません。

ダイエットで気をつけたい栄養の欠乏

過剰なダイエットで食事制限をすることは、栄養の欠乏を招きがちです。特に不足しがちな栄養素に「鉄」があります。月経のある20代〜40代の女性の場合、1日に10.5mgの鉄をとると不足のリスクが少なくなると考えられていますが、実際には多くの女性が不足しているといわれています。鉄が不足すると貧血を招き、だるさや疲れ、月経異常などを引き起こす可能性があります。

他の栄養素では、食物繊維が不足すると便秘を引き起こし、マグネシウムやビタミンDが不足すると骨粗鬆症を引き起こしてしまう可能性があります。総カロリーを制限しながらも、各栄養素が不足しないよう、バランス良くさまざまな食材を摂ることが必要です。

適切なダイエットへの取り組み方

ダイエットの原理原則は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを多くすることです。そのためには、食事のカロリーのコントロールと、適度な運動を組み合わせることが大切です。

運動せずに食事の量だけを減らすと、体脂肪だけでなく筋肉も減ってしまいます。その状態からリバウンドすると、脂肪だけが増え、以前よりも体脂肪の割合が増えてしまうのです。脂肪が増え、筋肉が減ると、基礎代謝量が落ちてしまうので、脂肪が燃えにくくなります。結果的に、せっかくダイエットをしたにもかかわらず、元より太ってしまい、さらに痩せにくい体になってしまうという悪循環に陥ってしまうので注意しましょう。

食事については、カロリー計算を行い、余計なカロリーを摂取しすぎないことがポイントです。脂肪分の多いものやお菓子や甘い飲み物など、カロリーの高いものを控えることで、一定のカロリー上限内でさまざまな栄養素をバランス良くとることができるようになります。

運動については、無理なく続けられるということに重点をおきましょう。特に運動し慣れていない方は、ウォーキングやランニングなど、カラダに負担のかかりにくい有酸素運動と、有酸素運動を効果的にする筋トレがオススメです。

また、ダイエットというとどうしてもすぐに効果を求めがちですが、急激なダイエットはリバウンドを招きやすいため、焦りは禁物です。無理がないのは、半年〜1年かけて現在の体重を5〜10%ほど減らすくらいのペース。あせらず気長にダイエットに取り組んで、理想のボディを手に入れましょう。

スポンサーリンク