社会人にストレスはつきもの。「仕事の後の一杯は欠かせない」「晩酌が何よりの楽しみ」という方も多いのではないかと思います。気分をリラックスさせてくれたり、コミュニケーションを円滑にしてくれたりする効果のあるアルコール。しかし年齢を重ねるにつれ、「なんだか最近お酒に弱くなった」「二日酔いがなかなか治らない」などの悩みを抱えている方も増えてくるようです。

アルコールと健康の関係を語る上で、切っても切り離せない関係にあるのが肝臓です。最近では「休肝日」という言葉がすっかり定着し、肝臓を労わりながらお酒を楽しんでいる人も増えてきています。しかし、どうしても飲みすぎてしまう人や、アルコールの恐ろしさを理解していない人もまだまだいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、アルコールと肝臓の関係をしっかり理解することから、お酒との適切なつき合い方を学んでいただきたいと思います。

アルコール分解のメカニズム

「アルコールは肝臓で分解される」というのは誰もが知っていることと思います。ここでは、そのメカニズムをもう少し掘り下げてご紹介しましょう。

人が口にしたアルコールは食道を通り、通常約20%は胃から、残りは小腸上部から吸収されます。それらの吸収されたアルコールは、「門脈」という太い静脈に入り、肝臓を通って、全身の臓器に流れていきます。

門脈の時点では非常に高かったアルコール濃度が、肝臓を通過するとかなり低下するのは、肝臓がアルコールを分解するからです。体内に取り込まれたアルコールのほとんどは酸化により分解されますが、その最初の2つの段階を主に担うのが肝臓です。

まずアルコールが、主にアルコール脱水素酵素(ADH)により、アセトアルデヒドに酸化されますアセトアルデヒドは、主に2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)により、酢酸に分解されます。酢酸は肝臓から血液によって運ばれ、筋肉や心臓でさらに炭酸ガスと水に分解されます。

このように、肝臓はアルコールの分解の多くの部分を担うため、アルコールを長期間、日常的に摂取していると、肝臓は絶え間なく働き続けなければならず、その負荷の結果として、病変を招いてしまうのです。

アルコールが原因で起こる肝臓病

アルコールを原因とする肝臓病は、段階的に深刻化していくという特徴があります。お酒を飲みすぎると、まず「脂肪肝」になります。自覚症状があることは稀であり、その多くは超音波検査によって発見されます。この時点では、飲酒をやめることによって比較的短期間で改善します。

脂肪肝の状態でさらに大量のアルコールを摂取し続けると、アルコール性肝炎へ移行します。症状として、腹痛・発熱・黄疸などが見られます。このステージになると、アルコール依存症を伴っていることがほとんどのため、断酒することは困難です。うまく断酒した人が改善し、飲酒を再開してしまうと、「肝硬変」へと進みます。

肝臓病の最終段階が肝硬変です。日本酒約7合を10年以上飲み続けると約20%の確率で、15年以上飲み続けると約50%の確率で発症するといわれています。症状としては、腹水・黄疸・吐血などが起こります。「不治の病」のイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、断酒によって改善が見られることも特徴です。

アルコール摂取の適量は?

飲みすぎると、肝臓をはじめとしたさまざまな臓器に悪影響を与え、命まで脅かしてしまうアルコール。そんなアルコールとの賢い付き合い方は、「適量」を守ることに他なりません。

厚生労働省は、「健康日本21」の中で「節度ある適度な飲酒」を1日平均純アルコール20グラム程度としています。20グラムとは、実際のお酒でいうと、およそ「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チュウハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などに相当します。ただし、女性や高齢者、フラッシング反応が見られる人は、飲酒量をさらに少なくすべきであるとしています。

お酒は適量を守れば、日常生活のストレスを解きほぐしてくれる、人生の良きパートナーになりえます。お酒に飲まれるのではなく、ほどよい距離感を保つというのが、予防医療におけるお酒に対する理想的なスタンスです。お酒と上手に付き合うことで、充実した人生を歩んでいきましょう。

スポンサーリンク