難病に指定されているパーキンソン病は、国内に約16万人の患者がいるとされている。脳の神経伝達物質であるドーパミンが減ることで発症。手足の震えや歩行障害などの運動症状が起こり、立ちくらみや意欲の低下などの精神症状を伴うこともある。

治療は投薬によるドーパミンの補充や、脳内に電極を埋め込む手術療法などがあるが、いずれも症状の改善に一定の効果があるものの根治はできない。

しかし今年8月、イギリスの科学誌ネイチャーに掲載された京都大学による研究成果が、画期的な治療に繋がる可能性が出てきた。

研究は京大iPS細胞研究尾の高橋淳教授らのチームによるもの。教授らはパーキンソン病患者のiPS細胞からドーパミンを出す神経細胞を作製。これをパーキンソン病のカニクイザルに移植して1年間経過観察したところ、手足の震えや運動能力の低下といった症状が軽減したという。また、健康な人のiPS細胞から作った神経細胞を移植した場合にも同様の効果が認められた。

最長2年間、移植した細胞の変化をMRIとPET画像で解析。細胞が脳内に生着して機能していること、腫瘍にならないことも確認でき、安全性にも問題のないことを確認した。

研究チームはあらかじめ蓄積した健康な人のiPS細胞を利用して、2018年度中にも再生医療の治験を開始する方針だ。

■参照記事
・日本経済新聞
京大、iPS移植症状改善 パーキンソン病に再生医療
・マイナビニュース
京大CiRA、iPS細胞由来神経細胞の他家移植におけるMHC適合の有用性を確認
・京都大学iPS細胞研究所
パーキンソン病霊長類モデルにおけるヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植の有効性と安全性の確認

スポンサーリンク