「なんだか最近顎が痛い」「大きく口を開けられない」「顎を動かすたびカクカクと音がする」・・・。そんな症状が気になったら、顎関節症かもしれません。

まずは、ご自身が顎関節症ではないかチェックしてみましょう。以下は顎関節症のセルフチェック法(杉崎正志、他:2007)です。合計点数が8.6以上の方は、顎関節症の危険性があります。

1.口を大きく開いたとき、人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入りますか?
(1.すっと入る 2.ほぼ問題ない 3.どちらともいえない 4.やや困難 5.全く入らない)

2.口を大きく開け閉めした時、あごの痛みがありますか?
(1.全くない 2.たまにある 3.どちらともいえない 4.しばしばある 5.いつもある)

3.口を大きく開いたとき、まっすぐに開きますか?
(1.いつもまっすぐ 2.たまに曲がる 3.どちらともいえない 4.しばしば曲がる 5.いつも曲がる)

4.干し肉、するめ、タコなど硬いものを食べるとあごや顔が痛みますか?
(1.痛まない 2.たまに痛む 3.どちらともいえない 4.しばしば痛む 5.いつも痛む)

顎関節症とは?

顎関節症とは、顎(あご)の関節と顎に関連する筋肉である咀嚼筋(そしゃくきん)の病気です。世界的に認められている共通の定義はなく、顎の関節と咀嚼筋の問題が混在しているため、混同して扱われることも多くなっています。

顎関節症にはいくつかの種類があり、日本顎関節学会では、病態を以下の5つに分類しています。

・顎関節症Ⅰ型
咀嚼筋障害(咀嚼筋障害を主徴候としたもの)

・顎関節症Ⅱ型
関節包・靭帯障害(円盤後部組織・関節包・靭帯の慢性外傷性病変を主徴候としたもの)

・顎関節症Ⅲ型
関節円板障害(関節円板の異常を主徴候としたもの)
a: 復位をともなう関節円板転位
b: 復位をともなわない関節円板転位

・顎関節症Ⅳ型
変形性関節症(退行性病変を主徴候としたもの)

・その他(顎関節症Ⅴ型)
上記の分類に該当しないもの

顎関節症の症状

顎関節症の代表的な症状は、「あごが痛む(顎関節痛)」「口が開かない(開口障害)」「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」の3つです。このうちひとつでも症状があり、鑑別診断で他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます。

滑膜性骨・軟骨腫症、咀嚼筋腱・腱膜過形成症、顎関節強直症、口腔癌・咽頭癌の咀嚼筋進展、智歯周囲炎、顎周囲炎、発作性神経痛など、顎関節症と同じような症状を示す病気も多くあるため、鑑別診断と治療を行うためには、MRI検が必要な場合もあります。

顎関節症の起こるしくみと原因

顎関節は頭の骨(側頭骨)のくぼみ(下顎窩)に下あごの上先端の骨(下顎頭)が入り込む構造になっており、その間にクッションの役割を果たす関節円板という組織が挟み込まれています。

関節円板は下顎頭の外側と内側にしっかりと付着していますが,前後方向の付着が緩いため,大きな力が持続的に顎関節に加わると,関節円板にズレ(転位)の生じることがあります。このズレの92%は前方で、8%が内外の側方、ごくまれに後方にも生じます。

また閉口時に関節円板にズレがあっても、最大開口時にはこのズレが戻る場合と,戻らない場合とがあります。戻る場合には開口時と閉口時に「カックン」と関節音がします。また戻らない場合には、急性期には「口が開けられない」「口を開けると耳の前がとても痛い」などの症状がみられます。

口を開くときは,下あごが関節のへこみ(下顎窩)からはずれるように前に動きますが、下あごの上に帽子のようにのっていて,クッションの役目を果たしている関節円板も連動して動きます。これが何らかの原因で前にズレたままになると、開閉口のたびに円板が引っかかったり,こすれて内張りのやわらかい組織(滑膜)の炎症を起こしたりします。

軽いものでは、咀嚼(そしゃく)筋の痛みや関節を包んでいる袋、あごの動きを調整するじん帯の炎症だけのケースもありますが、受診者の7割近くに関節円板のズレが見られます。関節円板のズレを簡単かつ明確に診断するにはMRI検査が最適です。

原因は複雑で、かみ合わせの悪さ、歯ぎしりや歯をかみしめる癖、ムチ打ちなどの外傷、ストレスとさまざまな要因が重なり、強い力があごの関節にかかる場合に起こるとされています。また原因以外に症状を持続・悪化させる因子もあります。

顎関節症への対処法

大切なことは、アゴの関節に負担をかけないことです。うつぶせ寝、睡眠不足、硬い食品や大きな食品を避ける、歯を噛みしめる癖、あごを後ろに引く動きが必要なフルートやサキソホンなどの管楽器の演奏、顎で楽器を挟むバイオリン演奏、格闘技やスキューバダイビングなどは控えましょう。逆に、筋肉のマッサージは積極的に取り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク