体の健康だけではなく、心の健康の大切さがクローズアップされるようになって久しい昨今。しかし、大手広告代理店での新入社員の自殺が社会問題になるなど、心の健康に対する配慮や理解はまだまだ十分と言える状況ではありません。

厚生労働省の患者調査によると、うつ病を含む日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、1999年には44.1万人とほぼ横ばいだったものの、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、著しく増加しています。

診断基準が少し変わるだけで数字は大きく変動するため、うつ病などの気分障害患者数が本当に増加しているかどうかは判断が難しいところです。しかし、データとしてこの増加傾向は見過ごすことのできないものです。そこで今回は、代表的な気分障害であるうつ病を知ることを通じて、心の病への向き合い方をご紹介したいと思います。

うつ病の分類

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なったりすることなど、さまざまな理由によって脳の機能障害が起きている状態です。

うつ病になると脳がうまく働かなくなり、ものの見方が否定的になったり、自分がダメな人間だと感じたりしてしまいます。そのため普段なら乗り越えられるストレスも、つらく感じられるという悪循環が起きてしまうのです。

うつ病を分類する方法として、外因性あるいは身体因性、内因性、心因性あるいは性格環境因性と分ける場合があります。

外因性・身体因性のうつ病は、アルツハイマー型認知症のような脳の病気、甲状腺機能低下症のような体の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合をいいます。

内因性うつ病は、典型的なうつ病のことです。治療しなくても一定期間が経つとよくなるといわれています。ただし、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、早く治療することが望ましいでしょう。なお、躁状態がある場合は、双極性障害と呼びます。

心因性うつ病とは、性格や環境が強く関係するうつ病です。抑うつ神経症(神経症性抑うつ)と呼ばれることもあり、環境の影響が強い場合は、反応性うつ病という言葉もあります。

うつ病の原因

うつ状態が一定期間持続し、治療しなくても軽快するといわれ、治った後も再発する状態をうつ病性挿話といいます。

うつ病性挿話は、環境のストレスなどが引き金になる場合もありますが、何も原因となることがないまま起こる場合もあります。このようなタイプのうつ病では、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっていると推測されています。しかし、まだ十分に実証されているとはいえません。

休日は比較的元気があるといううつ状態の場合、性格面の影響が大きいことが多く、神経伝達物質の影響はそれほど大きくないと考えられます。

うつ病の症状

うつ病の診断の目安として、下記のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続くというものがあります。一つひとつの症状は、誰もが感じるような気分です。それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続く場合、うつ病のサインである可能性があります。

また、うつ病には自分が感じる気分の変化だけでなく、周囲から見て感じ取れる変化もあります。周りの人がいつもと違うという変化に気づいたら、本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。

1) 自分で感じる症状

憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい、不安である、イライラする、元気がない、集中力がない、好きなこともやりたくない、細かいことが気になる、悪いことをしたように感じて自分を責める、物事を悪い方へ考える、死にたくなる、眠れない

2) 周囲から見てわかる症状

表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増える

3) 体に出る症状

食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛、肩こり、動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く

うつ病の対策と予防法

うつ病の原因がはっきりしている場合は、その原因を取り除くことが有効な解決策となります。体の病気が原因の場合はその治療を行い、薬の影響の場合は薬を中止する、または別の薬への変更を図るというのが具体的な方法です。

性格的にストレスなどの影響を受けやすい人は、精神療法的なアプローチが効果的です。うつ状態が重症であれば、抗うつ薬による治療も視野に入れる必要があります。

うつ病の予防の大きな鍵を握っているのは、ストレスのマネジメントです。特に日常の中で大きなウエイトを占める仕事のストレスを軽減することは、非常に重要です。仕事時間と休養時間のメリハリをつけてリフレッシュすることや、オーバーワークにならないよう周りの人に協力を仰ぐことなどを心がけましょう。

また、ストレスや心の問題をひとりで抱え込まないことも大切です。会社の産業医などの専門家に相談するなど、あまり深く考え込む前に周囲に目を向けてみましょう。

スポンサーリンク