近年、テレビやネットなどで歯周病が盛んに取り上げられています。日本人の高齢者の半数以上に、歯周ポケットがあると言われ、まさに国民病と呼んでも過言ではない状況です。

歯周病の影響は、口腔内だけとどまりません。実は歯周病は、体全体のさまざまな疾患の原因となる可能性があるのです。歯周病から体を守るために、まずは歯周病のことをきちんと知ることから始めましょう。

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌によって炎症が起こり、歯を支える骨(歯槽骨)が溶け、グラグラになってしまう疾患のことです。

厄介なのは、痛みが出ないことが多く、気づかないうちに進行してしまうという点です。最終的には、歯肉からの出血が起こった後、歯が自然に抜け落ちてしまいます。歯を失う原因の80%以上が、歯周病もしくは虫歯によるものと言われています。

しっかり歯磨きができていないと、歯垢(プラーク)や歯石が歯と歯ぐきの境目で繁殖します。プラークの中には、1mgあたり1億個もの細菌がおり、細菌がつくる毒素により、歯肉が腫れたり歯の表面からはがれてきて、歯と歯肉の間にすきま(歯周ポケット)が生まれます。

プラークの中の細菌は唾液に含まれるカルシウムやリン酸と結合して、軽石のような硬い物質である歯石となって歯の表面に付着します。この歯石を足がかりにして、さらに細菌は歯周ポケットの奥へと繁殖していってしまうのです。

歯周病と糖尿病

歯周病関連細菌から出される内毒素は、歯肉から血管内に入り込み、マクロファージからの腫瘍壊死因子の産生を促進します。その結果、血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンがつくりにくくなります。慢性炎症として歯周炎があることにより血糖値が上昇し、糖尿病のコントロールがますます困難になり、それと同時に歯周炎も進行していくという悪循環に陥ってしまうのです。

体はより多くのインスリンを生み出そうとして、高インスリン血症の状態となりますが、それが長く続くと、インスリンを生み出す膵β細胞が疲れ果て、末期の糖尿病となります。

糖尿病になると全身の血管が傷み、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、脳卒中、心筋梗塞など、様々な合併症を引き起こします。結果として歯周病は、さまざまな疾患の原因となるのです。

歯周病の予防法

歯周病は、細菌の固まりである歯垢が歯ぐきの炎症を引き起こすことから始まります。そのため、歯周病を予防するには、細菌を除去することが必要です。

細菌は口の中で、バイオフィルムという薄い膜を作り歯に張りついています。バイオフィルムには薬品が効きにくいという特性があるため、毎日の丁寧な歯磨きや、歯科医院での清掃が有効です。

歯石は歯の表面の石のようなものですが、ざらざらして内部には隙間もあるため、バイオフィルムができやすくなります。歯石は自分で除去できないため、定期的に歯科医院でケアしてもらう必要があります。治療後に専用の器具を使って歯の表面をツルツルにするPMTCを受けると、歯垢や歯石がつきにくくなるため、さらに効果的です。

他に歯周病の原因となるものとして、喫煙があります。特に留意すべきなのは、能動喫煙だけでなく、受動喫煙で歯周組織に悪影響を与えてしまうことです。特に子どもの場合、親の喫煙によって歯肉にメラニン色素沈着を起こす可能性が高いため、気をつけましょう。

健康な体は、健康な口元から。毎日の歯磨きをこれまでより丁寧にしてみるなど、ちょっとしたことから始めてみませんか。

スポンサーリンク