アレルギーとは?

アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいいます。

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物(抗原またはアレルゲン)が侵入してきたときに体内に「抗体」をつくり、排除しようとする「免疫」という仕組みが備わっています。

免疫が正常に働かなければ、感染症などの有害な抗原から体を守ることはできません。しかし、抗体が体内で増えすぎ、本来の役割の範疇を越えて体に害のないものに対しても過剰反応してしまうことがあります。これが「アレルギー」です。

アレルギーにはⅠからⅣまで下記の4つのタイプがあります。

▪Ⅰ型

[同義語]
即時型、アナフィラキシー型
[抗原]
外来性抗原(HD、ダニ、花粉、真菌、TDI、TMA(ハプテン)、薬剤(ハプテン))
[皮膚反応]
即時型(15~20分で最大の発赤と膨疹)
[代表疾患]
アナフィラキシーショック、アレルギー性鼻炎、結膜炎、気管支喘息、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎?

▪II型

[同義語]
胞障害型、細胞融解型
[抗原]
外来性抗原(ハプテン)、ペニシリン等の薬剤、自己抗原(細胞膜・基底膜抗原)
[皮膚反応]

[代表疾患]
不適合輸血による溶血性貧血、AIHA、ITP、Goodpasture症候群、等

▪III型

[同義語]
免疫複合体型、Arthus型
[抗原]
外来性抗原(細菌、薬剤、異種蛋白)、自己抗原(変性IgG、DNA)
[皮膚反応]
遅発型(3~8時間で最大の紅斑と浮腫)
[代表疾患]
血清病、SLE、RA、糸球体腎炎、過敏性肺炎、ABPA

▪IV型

[同義語]
遅延型、細胞性免疫ツベルクリン型
[抗原]
外来性抗原(細菌、真菌)、自己抗体
[皮膚反応]
遅延型(24~72時間で最大の紅斑と硬結)
[代表疾患]
触性皮膚炎、アレルギー性脳炎、アトピー性皮膚炎?、過敏性肺炎、移植拒絶反応、等

出典:アレルギー総合ガイドライン2013(一般社団法人日本アレルギー学会)

I型アレルギーは、即時型アレルギー、アナフィラキシー型とも呼ばれ、アレルゲンが体内に入ってから数時間以内で症状が出ます。花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などの代表的なアレルギー疾患や食物アレルギーも主にこのI型に分類されます。

身近なところに「アレルゲン」はこんなにたくさん

アレルギーの原因となる物質のことを「アレルゲン」と呼びます。花粉やダニ、食物など、私たちの生活を取り巻くさまざまなものがアレルゲンとなる可能があります。なにがアレルゲンとなるかは、人によって異なります。

▪吸引性アレルゲン

[室内]
ほこり、カビ、ダニ、畳、ソバガラ、ペットの毛、衣服、寝具(綿、絹、羊毛、羽毛)建材に使用されている化学部質(ホルムアルデヒド、VOCなど)
[花粉]
ブタクサ、カナムグラ、スギ、アカマツ、ススキ、ヒメガマ
[カビ]
アルテルナリア、ペニシリウム、カンジダ、クラドシポリウム、アスペルギルス

▪食物性アレルゲン

卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに、大豆、いか、いくら、鮭、さば、牛肉、鶏肉、豚肉、くるみ、やまいも、オレンジ、キウイフルーツ、もも、りんご、バナナ、ゼラチン、あわび、まつたけ

▪薬物性アレルゲン

鎮痛剤、解熱剤、抗生物質、ホルモン剤、ペニシリン、サルファイト、タートラジン色素

▪接触性アレルゲン

化粧品、塗料、衣服、金属、うるし、ラテックス(ゴム)、寝具類、ヨード、洗剤
(引用:「アトピー・アレルギー克服応援ブック」)

アレルギー疾患の患者は増加傾向

アレルギー疾患の患者は最近増えており、特に子供の患者数が激増しています。約25%の人が花粉症であるといわれ、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーの患者も増えています。

この増加の背景には、環境の変化が影響しているといわれています。上下水道の完備などで衛生的な環境が整い、乳幼児期に感染症にかからなくなったことで免疫機能の正常な発達が妨げられているという説や、食生活の欧米化により動物性脂肪や動物性たんぱく質を多く摂取するようになったことを原因とする説、インスタント食品や加工食品に含まれる食品添加物の影響を指摘する説などがあります。

できることからアレルギー対策を

なにより大切なのは、まず自分がどんなアレルギーを持っているかを知ることです。代表的なアレルギーの検査方法としては、血液検査、皮膚テスト、誘発テストなどがあります。医師に症状を相談し、自分に合った検査方法をとりましょう。

原因がわかれば対策も可能です。有効なのは、アレルゲンを遠ざけることです。ハウスダストが原因ならこまめに掃除をする、花粉が原因なら外出時にマスクをつける、動物性タンパク質や脂質を控えて和食中心の食生活にするなど、できることから予防医療をはじめましょう。

スポンサーリンク