呼吸器疾患とは?

「呼吸器疾患」と聞くと、ぜんそくなど肺の疾患をイメージする方が多いかもしれません。しかし、呼吸器という言葉は、呼吸にかかわる臓器の総称です。気道、鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、細気管支、肺、肺膜のすべてが呼吸器であり、呼吸器に起こる疾患のことを呼吸器疾患といいます。

呼吸器疾患にかかっている人は多く、のどの痛みをはじめ、胸や気管の不快感のほとんどが呼吸器疾患であると考えられます。

多くの呼吸器疾患では、咳や痰が出る、呼吸困難、胸痛、呼吸のたびにゼーゼーなどと音がする喘鳴(ぜんめい)などの症状がみられます。

呼吸器に障害が起こると、ガス交換の機能が低下します。血液中に酸素を取り込んだり、二酸化炭素を排出する機能が落ち、ちょっとした運動でも息切れをしてしまいます。

呼吸器疾患の種類

呼吸器疾患を、いくつかの類型別に見ていきましょう。

感染性呼吸器疾患

細菌やウイルスに感染することが原因で呼吸器に炎症を生じる呼吸器疾患です。代表的な疾患として、かぜ症候群、インフルエンザ、急性気管支炎、肺炎、結核などがあります。
一般的には「かぜ」と呼ばれるかぜ症候群は、細菌やウイルスが主に上気道の粘膜に付着して急性炎症を起こす病気の総称です。発熱・頭痛・倦怠感・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咽頭痛・咳・痰などの症状を起こします。

気道閉塞性疾患

気道の狭窄(きょうさく)や肺の過膨張を主な症状とする疾患です。代表的な疾患として、慢性閉塞性肺疾患(COPD)があります。
COPDは、喫煙者の中高年の発症率が高い疾患で、「肺の生活習慣病」として近年問題になっています。たばこの煙を長年吸い続けると、気管支や肺胞に慢性的な炎症が起こり、肺胞が破壊されて酸素を取り込みにくくなります。咳や痰が頻繁に出るようになり、さらに進行すると、ひどい息切れによって日常生活にも支障を来たします。悪化すると死に至るケースもある、恐ろしい病です。

アレルギー性肺疾患

アレルギーが原因で呼吸器に炎症が生じる疾患です。代表的な疾患として、気管支喘息、過敏性肺炎、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症などがあります。
気管支喘息は気管支が炎症を起こし、気道が閉塞してしまう疾患です。ハウスダスト、花粉、ペット、ダニなどのアレルゲンの影響を受けやすく、咳や痰などの症状が出ます。

間質性肺疾患

40歳以上に多く見られ、呼吸器疾患の中でも死亡率が非常に高い疾患です。代表的な疾患として、特発性間質性肺炎、放射線肺炎、膠原病肺などがあります。
特発性間質性肺炎は、肺胞の壁に異常が起こり、肺胞組織の線維化を起こす疾患です。CTで撮影すると、肺組織が蜂の巣状に病変していることが確認できます。

腫瘍性肺疾患

腫瘍性肺疾患には良性と悪性がありますが、悪性腫瘍ができる肺疾患が「肺がん」です。肺そのものががんに侵されるタイプの肺がんを「原発性肺がん」、別の部位にできたがんが肺に転移したものを「転移性肺がん」と呼びます。
最大の危険因子は喫煙で、喫煙者が肺がんになるリスクは非喫煙者と比べて5~20倍になるといわれています。発見が遅くなるほど死亡率が高まりますが、早期には自覚症状がほとんどないため、定期的に検診を受けるなどの注意が必要です。

肺血管性病変

肺の血管に病変が生じる呼吸器疾患です。代表的な疾患として、肺血栓塞栓症や肺水腫が挙げられます。
肺血栓塞栓症は、心臓から肺に血液を流す肺動脈に血栓が詰まることで、血管が塞がれる疾患です。血栓が大きくなると、声が出なくなったり、突然死を起こす可能性があり、非常に恐ろしい疾患です。

胸膜疾患

肺を覆っている2枚の薄膜である胸膜(きょうまく)および、胸膜によって仕切られているスペース・胸腔に起こる疾患です。代表的なものとして、胸(肺気胸)や胸膜炎があります。
気胸は、肺胞が破れて胸腔に吸気が漏れることにより、胸腔の空気が肺を圧迫し、肺が膨らまず呼吸ができなくなる疾患です。気胸には原因によって、空気自然気胸、外傷性気胸、医原性気胸の3種類があります。

その他の呼吸器疾患

その他にも、気管支の組織が破壊されて異常な形に広がる気管支拡張症、アスベスト粉塵などの無機粉塵を長期的に吸引することで発症する塵肺などがあります。

重篤化しやすい呼吸器疾患。早めに医師に相談を

日本人の死因は、がん、心疾患、脳血管疾患が上位を占めていましたが、厚生労働省の「平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況」では、肺炎が死因の第3位に浮上しています。
肺炎以外にも、呼吸器疾患には重篤化しやすいものが多いため、十分な注意が必要です。定期的な健診の受診など予防医療を念頭に置いた対策はもちろんですが、呼吸器系に慢性的な異常を感じる場合は、なるべく早めに医師の診断を受けるよう心がけましょう。

スポンサーリンク