感染症とは?

感染症とは、病原性の微生物が体内に侵入して増殖し、発熱や下痢、咳等の症状を及ぼす疾患のことです。
大気や水など、環境中に生息している目に見えない多くの微生物(細菌、ウイルス、真菌(カビ、酵母等)の中でも、感染症を引き起こす微生物を「病原体」といいます。
感染してもはっきりとした症状が現れずに病原体が消滅する場合を「不顕性(ふけんせい)感染」といい、感染した病原体に特有の症状が現れる場合を「顕性感染」といいます。
また、体の抵抗力が弱っている時、健康であれば気にすることのない菌に対して感染を起こしてしまうことを「日和見(ひよりみ)感染」といいます。

なにが感染源で、どのような感染経路なのか

感染源となるのは、病原体に感染した人・動物・昆虫などの排泄物・嘔吐物・血液・体液や、保菌者(キャリア)や感染動物が触れた物や食品などです。
人からうつる伝染性感染症の主な感染経路には、接触感染、飛沫感染、空気感染の3つがあります。
接触感染とは、皮膚や粘膜の直接的な接触や、ドアノブ、便座、スイッチ等との接触を介して病原体が付着する感染のことです。病原体に汚染された食品・物・手、病原体を含む汚物・嘔吐物を介し、主に口から体内に侵入します。代表的な疾患は、ノロウイルス、ロタウイルス、腸管出血性大腸菌(O157)、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などによる感染性胃腸炎、MRSA(主に病院内で感染する耐性菌)などです。
また、エイズやクラミジアなど、性行為により血液や体液、粘膜を通して感染する性感染症も、接触感染に分類されます。

飛沫感染とは、咳、くしゃみや会話によって飛んだツバやしぶき(飛沫)に含まれる病原体を鼻や口から吸い込むことによって引き起こされる感染です。飛沫は直径0.005mm以上の大きさで水分を含み、飛び散る範囲は感染源から1~2m程度といわれています。代表的な疾患は、インフルエンザ、おたふく風邪、風疹などです。

飛沫に含まれる水分が蒸発した、直径0.005mm以下の粒子を飛沫核といいます。飛沫核は乾燥しており軽いため、空間に長時間浮遊して広範囲に広がります。これらの飛沫核を鼻や口から吸い込むことによって起こる感染を空気感染といいます。代表的な疾患は、ノロウイルス、麻疹ウイルス、結核菌などです。

その他の感染として、母親から胎児・新生児に胎盤や母乳などを介して病原体が直接伝播される、母子感染(垂直感染)があります。

人から人にはうつらない非伝染性感染症は、大きく3つに分けられます。動物や昆虫から感染するものとして、オウム病、エキノコックス、ペストなどが挙げられます。土の中に潜み、傷口などから感染するものとしては破傷風があります。食べ物から感染するものとしては、食中毒、SRSV、コレラなどが挙げられます。
食中毒には菌そのものが原因となる感染型と、菌の作る毒素が原因となる毒素型があり、感染型の代表がサルモネラ、腸炎ビブリオであり、毒素型の代表がボツリヌス、黄色ブドウ球菌、大腸菌O-157です。 
       

感染症は、過去のものではない

感染症の原因の特定も治療法の確立もされていなかった時代には、感染症は人類の存在自体を脅かすものでした。紀元前のエジプトのミイラにも痕跡が残る天然痘は、50年で人口を8,000万人から1,000万人に減らしたと言われ、 14世紀に「黒死病」と恐れられたペストは、ヨーロッパの全人口の4分の1から3分の1にあたる2,500万を死に至らしめたといいます。
病原体や対処方法についての研究が進んだ19世紀後半には、感染症による死亡者は激減しました。ところが1970年頃より、新たな感染症である「新興感染症」や、過去に流行し一時は沈静化した感染症が再び流行する「再興感染症」が問題となっています。

新興感染症としては、1997年には高病原性鳥インフルエンザが、2002年はSARS(重症急性呼吸器症候群)が発生し、数百名単位の死者を出しました。

再興感染症としては、抗生物質により発生が減少していた結核があります。抗生物質に対して抵抗性を示す結核菌が現れ、世界で20億人が感染、毎年400万人の死者が出ています。

昔と比べ衛生環境が劇的に向上した現代でも、感染症はときに人の命を奪うほどの脅威となります。恐ろしい感染症から身を守るためのファーストステップは、一人ひとりが正しい知識を持つことだと言えるでしょう。

スポンサーリンク