皆さんは、生活の中で“歩き方”にどれだけの注意を払っていますか? 実は日常の歩き方一つで、足をはじめとする身体が受ける負担は変わってくることが分かっています。ここでは、正しい歩き方のために日常からできる3つのポイントと、知らずに行っている人が多い悪い歩き方について紹介します。

知らずにやっていませんか? こんな悪い歩き方

次のような歩き方を行っている人は、もしかしたら“ひざ”や“かかと”に負担が蓄積されているかもしれません。以下をチェックしてみて自分の歩き方を改めて考えてみましょう。

【足に負担のかかる歩き方】

  • かかとから着地する
  • 歩いている時に、ひざが上がっていない
  • ひざを伸ばしきった状態で歩く

歩く時にかかとから着地すると、かかとに負担が集中するため、足裏全体でその衝撃を吸収することができません。そのため、身体に余計な負担が加わってしまいます。

また、ひざが十分に上がっていないと、足裏全体で着地がしにくいため、歩行の際はひざを上げる必要があります。ひざには体の衝撃を吸収•分散させる働きがあるので、ひざが伸びきった状態になるとこの働きが弱まってしまうのです。

正しい歩き方のために日常からできる3つのこと

では、正しい歩き方を身につけるにはどのようなことに気をつけると良いのでしょうか。

<その1> 足裏にできる三角形からの着地を意識しよう

これは、先ほど悪い歩き方で紹介した“かかと歩き”にならないための予防策です。かかとに加え、親指、小指の3ヶ所が同時に着地するような歩行を意識することが大切です。この3点からできる三角形を意識しながら歩くことで、重心がかかとから中心方向に動くため、体の負担軽減につながっていきます。

<その2> 自分に合う歩幅とスピードを取り入れよう

自身に合う歩幅を取り入れることで、足裏の3ヶ所(かかと・親指・小指)から着地しやすくしましょう。なお一般的な歩幅の計算方法は、身長×0.45です。まずは、この歩幅を目安に歩いてみてはいかがでしょうか。また適切なスピードで歩くことも一定の歩幅を維持するには欠かせません。こちらも様々な速度で試してみてください。

<その3> ひざを上げて歩こう

ひざを上げて歩くことで、体への負担を分散させ、足裏3ヶ所(かかと・親指・小指)からの着地を行いやすくします。この時は行進のようにひざを高く上げるのではなく、気持ちいつもより2〜3cm高く上げるぐらいで十分です。

正しくきれいな歩き方で姿美人に

正しい歩行は、歩いている姿もきれいですし、歩けば歩くほど健康に近づきます。また、引き締まった美しいボディラインを作るためにも重要なことです。

歩く度に自分の体重と体重の倍以上の重力の負担が足裏にかかるので、安定した足裏での歩行は、関節にもバランスよくアプローチしてくれます。さらに、首への負担軽減にもつながり、それが身体全体を整える働きとなります。

まとめ

今回は、日常で意識してほしい正しい歩き方について紹介しました。普段何気なく行なっている「歩く」という行為。無意識に行っている習慣ですが、正しい歩行を少し意識することで、これまで見えていなかった点にも目を向けられるはず。日々の生活を気持ちよいものにするためにも、正しい歩行で健康な身体を手に入れましょう。

スポンサーリンク